スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.08.28 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

AKB前田と仲川 双子のような後ろ姿に篠田も間違える

2004年 - 2007年2004年、5周年の感謝を込め『スケッチ』を作詞作曲。 3月1日、続編『ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARDだからHAPPY』が公開。 8月21日・8月22日、『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』第27代メインパーソナリティを務める。

2005年、改編し深夜番組『Gの嵐!』が放送開始。「G」は「がんばれ!」の意で応援団に扮したメンバーが困っている人のもとへ実際に応援しに行く。正午枠で『まごまご嵐』が放送開始。メンバーが孫に扮し年配の夫婦のもとで手伝いをする。

2006年、台湾、韓国、中国で松本出演・主題歌を嵐が歌ったドラマ『花より男子』が放映された。 自身初のアジアツアーを行う。 3月11日、二宮がハリウッド映画『硫黄島からの手紙』撮影のため渡米。4月25日に帰国するまで、しばらく4人での活動となった。 7月31日、キャンペーン『JET STORM』を行った[1]。 6月10日、台湾の第17回金曲奨授賞式において松本がプレゼンターを務める。 9月22日、『2006 ASIA SONG FESTIVAL』に出演。大韓民国、光州ワールドカップ競技場での音楽イベントに出演。 改編し深夜番組『嵐の宿題くん』が放送開始。トークを展開してゆく視聴者参加型バラエティー。

2007年、4月29日からのツアーでグループ初のドーム公演と東京ドーム初単独公演を開催。 4月4日、映画『黄色い涙』が公開。オリコンの年間シングルランキングで『Love so sweet』が4位になり、グループ初の年間トップ10入りを果たした。



■■ カードキングダム遊戯王動画撮影会・サンダー店長連続敗北?! ■■

 

■■  猪木、時空超えて最凶悪コンビと対決ダーッ!  ■■

 
 「IGF」(27日、両国国技館)

 プロレス黄金時代が立ちのぼった。“燃える闘魂”アントニオ猪木・IGF会長(68)が“黒い呪術師”アブドーラ・ザ・ブッチャー(70)、“狂虎”タイガー・ジェット・シン(67)の史上最凶悪コンビと32年の時空を超えて対峙(たいじ)した。怒りの鉄拳制裁で悪の連係を粉砕した猪木は「1、2、3、ダーッ!!」を絶叫。真夏の夜の夢に超満員札止めのファンが酔いしれた。

 時空を超越したような夢の空間で、燃える闘魂が大暴れした。

 休憩明け、観客の大声援を浴びてリングインした猪木は「かつて夢のオールスターがありまして、ジャイアント馬場とアントニオ猪木、相手はブッチャーとジェット・シン。ジャイアント馬場はあの世だから、それよりすごい崔洪万に出てきてもらおうかな」と前説。故馬場さんの入場曲だった『日本テレビスポーツテーマ』に乗って、細くなった崔が登場した。

 79年8月26日、日本武道館で開催された「夢のオールスター戦」で8年ぶりに復活、最凶悪コンビを撃破した馬場と猪木のBI砲が、平成版「東洋の巨人」崔を得てまずはよみがえった。

 続いて『サーベルタイガー』に乗ってシンが入場。衣装も、客席を荒らし、放送席を破壊し、田中秀和リングアナを襲うのも昔のままだ。『吹けよ風、呼べよ嵐』で登場したブッチャーはなぜか猪木組のコーナー下に陣取り「イノキ!!ミーはユーの味方だ」と握手を求めるが、これは“ワナ”だった。

 ブッチャーは握手に応じた猪木の手を放さず引っ張り、シンは背後から襲撃。いきなり場外戦の開始だ。怒りの猪木は気合を発しながら弓を引くナックルパートを呪術師に連発した。崔の手を借りるまでもなく、狂虎にも鉄拳制裁し、最凶悪コンビはあえなくとん走。ファン待望の「1、2、3、ダーッ!!」で猪木劇場を締めくくった。

 シンは73年、新日本プロレスに初来日。新宿伊勢丹近くで当時妻の女優・倍賞美津子さんと買い物中の猪木を襲い、猪木はシンの腕を折るといったケタ外れの抗争を展開した。ブッチャーは81年に全日本から新日本に移籍。猪木との一騎打ちを実現させた。

 ブッチャーは70歳でツエをつき、猪木とシンも驚異的に元気だとはいえ60代。リングで元気に戦うとはいかないが、大舞台で往年の輝きを放ってみせた。

 猪木は今大会に東日本大震災の被災者を岩手、宮城、福島3県から1000人、首都圏への避難者200人を招待した。マイクを握ると「道はどんなに険しくとも笑いながら歩こうよ。今こそ一歩踏み出して苦しみの中から立ち上がれ」‐。復興への思いを込めて自作詩を朗読したが、何より猪木、呪術師、狂虎の戦う姿こそが、復興メッセージとなっていた。


(この記事は格闘技(デイリースポーツ)から引用させて頂きました) 

■■ 優れもの ピックアップ  ■■



■■ AKB前田と仲川 双子のような後ろ姿に篠田も間違える ■■

 全国ツアー中のAKB48の中で、名古屋公演での前田敦子(20)と仲川遥香(19)がまるで双子のよう! とメンバー内で話題になっているようだ。 前髪の分け方や後ろの編み込みやヘアアクセといった髪型だけでなく衣装も色違いなだけだった前田と仲川。後ろ姿では全く区別がつか...つづき・・・
(引用元:この記事の著作権は、livedoor ニュースに帰属します。)

■■■■

 
 
■■赤西仁・Mステでどうした?あれが世界の歌声か?衝撃の声量に国民が驚く!!衝撃の... ■■

 赤西仁・Mステでどうした?あれが世界の歌声か?衝撃の声量に国民が驚く!!衝撃の嵐!


ミュージックステーションの赤西くんEternalなど歌いましたが声小さすぎですよね?
どうしたんですか?
コンサートでもあんな感じなんですかね。
みなさんはどうおもいましたか?

びっくりしました!

- 回答 -
昔からそうです、ファンが言ってるほど、もともとそんなにたいしてうまくありません。
特に最近の彼は声量がありません。
以前からそうですが、テレビ番組の生とかですと、すっごい下手で声量がありません。
彼がちょっと上手だった時期は、デビュー当時がピークだったと思います。
その時は他のメンバーはあんまりうまい人がいなかったので、赤西との間に実力差があるように感じられました。
その後、赤西はどんどん実力が落ちていきました。
他のメンバーの実力は少しづつあがっていき、赤西が脱退後は更に努力したのでかなりうまくなり、今ではKAT-TUNのメンバーのほうが上手だと思います。
その「仁がメンバーの中で一番うまい」という最初の印象だけで、コアなファンは今だに「仁は最高に歌もダンスもうまい、ジャニーズNO.1のレベル」と盲目的に信じている人達が多いのです。
だから叩かれると必死に擁護していますけど、Mステをご覧になった人達が呆れたとおり、アレはもう擁護できるレベルじゃありません。
他のライブの映像などを見てくれと言ってるファンもいますけど、エフェクトをかけて声を加工したような曲ばっかり披露していて、あれじゃ真の実力がわかりません。
声量がないのをごまかしているとしか思えません。
声を加工した曲を多様している時点で、実力がないのが推測できます。
ソロのコンサートは見たことはありませんが、見た人によると「口パクの曲が多かった」という意見もチラホラありました。
真偽は定かではありませんが、エフェクトで加工した曲と口パク曲をつないでやっていたとしたら「ライブはうまかった」と言ってるファンがいても不思議ではありません。
意外と、大音量できいてると口パクか生歌か分からないことありますよね?
Mステでの生歌はへたすぎだし、それなのにライブは激ウマと言ってる人がいたりするあたり、私はとてもあやしいカラクリがありそうだと思っています。(汗)
(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)
赤ちゃん1

赤ちゃん2

赤ちゃん3
天使1天使2天使3天使4天使5
xperia1
xperia2
xperia3
xperia4
xperia5

スポンサーサイト

  • 2011.08.28 Sunday
  • -
  • 07:30
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


無料でもらえる得々情報

・この無料情報は凄い。

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

          

PR

  

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM