スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.08.28 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

レ-シック手術 と 子供の視力回復トレーニング!自宅で簡単に視力アップする方法!



レーシックのリスクと安全性レーシックは、アメリカでは、世界で最も厳しい安全基準を持つといわれるFDA(米国食品医薬品局)がエキシマ・レーザーによる視力矯正手術を認可し、他にもASCR(米国白内障屈折手術学会)やAAO(米国眼科学会)、アメリカ国防総省の医学委員会で安全性がさらに証明されています。


アメリカでは、メガネやコンタクトレンズと同様にレーシックは、視力回復の治療方法として、認知されています。また、日本でも、厚生労働省がエキシマ・レーザーによる視力矯正手術を認可、安全性が確認されています。

レーシックの安全性は確認されていますが、手術である以上、リスクが全く無いわけではありません。レーシック手術で、エキシマ・レーザーで削った角膜は、二度と元には戻りません。また、術後の長期的なデータがないので、何十年後にトラブルが発生する可能性もあります。視力の矯正度数が目標値に達しないことがあります。


特に強度の近視の場合その傾向があるようです。レーシックによって、どのくらいの視力矯正が可能か、事前の検査である程度予測することは可能ですが、実際にどの程度回復するかは、手術をしてみないとわからないのが本当のところです。また、原因ははっきりしていませんが、時間が経つにつれ、近視が戻ってしまう場合があります。近視が戻ってしまった場合、再手術を無料で行う病院もあります。

レーシックの術後、視界がぼんやりしたり、眩しく感じる「ハロー・グレア現象」や角膜の感度が鈍り、瞬きが減ることで起きる「ドライアイ」などの合併症を起こす場合があります。しかし、これらは、しっかりと対応すれば、ほとんどが治る症状です。



また、病院の医療機器や医師の技量によって、不正乱視や上皮剥離などの症状を引き起こす場合があります。このようなリスクを防ぐためにも、実績があり、設備が整った医院を探すことは大切です。レーシックには、メリットもありますが、リスクもあることを充分理解し、レーシックを受けるかどうか判断することが必要です。




■LASIK(レーシック・Laser In‐ situ Keratomileusis)
「生体内レーザー角膜切開手術」と訳される。


LASIKもPRK手術と同じく、エキシマレーザーを使用する。近視手術の
中では主流の手術で、痛みも少なく、回復も早い。
レーシックの手術前に点眼麻酔薬をします。マイクロケラロームという道具
で、角膜の表面部分を薄く剥離し、蓋のようなものをつくり、そこをめくって
角膜実質層にレーザーを照射、屈折率を変える処置をします。

レーシックは利点が多いのですが、高度な近視手術のため、医者選びを慎重
に行う必要があります。

■レーシックの手術手順

目薬による点眼麻酔をする。
目の周りを消毒する。
マイクロケラトームという機器で、角膜上皮とボーマン層を薄く削り、フラップ
(ふた)をつくり、このフラップはめくっておきます。
めくった部分にレーザーを照射し、屈折矯正を行います。

フラップを戻し抗生剤を点眼し、フラップが自然に接着するのを持ちます。

■ウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントレーシックは、これまで把握することができなかった小さな
ゆがみを解析し、その微妙なゆがみをとることができるレーシックです。
専用の特殊な機械を使って解析し、高次収差をなくすようにエキシマレーザー
を照射します。これにより暗いところでの見え方が向上するなどの利点があります。










■■■■






n049-03

n049-02

n049-01

スポンサーサイト

  • 2011.08.28 Sunday
  • -
  • 12:44
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


無料でもらえる得々情報

・この無料情報は凄い。

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

          

PR

  

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM